Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
家族も納得で安心カーライフ!? アンダー300万円のクルマ好き大満足車入門 | 自動車情報誌「Boosterpackdepot」- boosterpackdepot.info

家族も納得で安心カーライフ!? アンダー300万円のクルマ好き大満足車入門

 きっとこのページを見ている多くの人はクルマ好きで、若かりし頃は2ドアのMT乗っていたな〜なんてケースも多いことでしょう。もしくは若者のクルマ離れなんてどこ吹く風で、20代、30代でとがったクルマに乗っている人もいるでしょう。そんな「エンスー(クルマ好き)」の皆さんにとって楽しみなのがクルマ選び。しかし、結婚や子どもの誕生、はたまた就職や転勤などさまざまな要素に左右されるのもまたクルマ選び。そこでBoosterpackdepotで「エンスー解放戦線」を執筆されている清水草一さんに、今回は「家族も納得」+「アンダー300万円」のエンスー車入門を教えてもらいました。さあ、3月決算セールで駆け込みたいあなたも必読です!!

文:清水草一/写真:池之平昌信、平野学、藤井元輔


■「家族も納得」のハードルを超えるための条件

 クルマ好き(エンスー)であるあなたが満足できて、家族も納得してくれる300万円以下のクルマ(新車・中古車問わず)。「そんなクルマ存在しないゼ!」とおっしゃるエンスーさんも多いかと思いますが、ものごとはすべて歩み寄り。お互いに一歩譲れば、候補はいくつもあると思いますヨ! 今回はワタクシ清水草一が、独断で5台を選出してみようと思います。

 ところで、家族に納得してもらうためには、外せない(であろう)条件がありますね。

■4枚ドアのAT車
■それなりの低燃費
■それなりの性能の自動ブレーキ

3ペダルMTにしたいのはわかるけどそこはグッと我慢をすべし!!
3ペダルMTにしたいのはわかるけどそこはグッと我慢をすべし!!

 この3つははずせない。はずせればいいけど、まぁはずせない。特に「それなりの性能の自動ブレーキ」に関しては、それなりに新しくないとダメ。これだけで選択肢がぐっと狭まりますが、なにしろ家族に納得してもらうためには是非もなし。それを前提に選んでおります。

■これぞエンスーご用達の定番!スイスポ購入で離婚しないためには

 販売の7割をMT車が占めていますが、ここはオトーサン、6ATで我慢しましょう。奥様がまったく運転しないならともかく、運転する場合、MTというだけで離婚騒動にまで発展する可能性もありますから。実際乗ってみると、6ATだってぜんぜん楽しいです!

 先代スイスポのATはCVTだったので、もうその時点で「無念……」な感じだったけど、今度のスイスポはトルコンAT。「え~っ、トルコン?」と言うなかれ。今のトルコンはもう、ツインクラッチともまったく遜色ないし、耐久性は絶対的にトルコンの方が上。パドルシフトももついていて、まったくスポーティに走れる。

スイスポはATもそこそこ走る!!
スイスポはATもそこそこ走る!! 家族円満の秘訣はATだ

 1.4リッターターボエンジンはトルクフルで、ちょっと踏んだだけでピューッと加速して、欧州製ダウンサイジングターボ的! しかも上までちゃんと回る! ハンドリングもイイ! 足がちょっと固いけど、文句が出たらタイヤ空気圧低めで乗り切ろう。

 居住性ももちろんOK。ミニバンからの乗り換えだと「狭い」って言われだろうけど、なにせ値段が200万円弱! それでそこそこ以上の自動ブレーキがついてるんだから、「今回は節約しようよ!」の一言で、エンスー車への乗り換えを実現していただきたい。奥様は節約の2文字に弱いはず。

 燃費? えーと、リッター13くらいはいくでしょう。大丈夫。決して悪くないから。ハイオク仕様だということは、買うまで伏せておきましょう。

【スイフトスポーツ AT】190万6200円

■マツダのCX-3はディーゼルに病み付きになる

 マツダのクルマ作りがマジであることに関しては、エンスーなら先刻承知のはず。CX-3はデザインもスバラシイ。デミオベースなので広くはないが、小さい分お安いので、新車だってラクに行けるし、中古車なら200万円を切っている。

 エンスーとしてCX-3を選ぶなら、当然ディーゼルを選びたい。ディーゼルのトルクは一度知ったらエンスー的に病み付きだ。もうそれだけで楽しい。ATだってぜんぜんオッケー。MTも楽しいけど、ディーゼルのモワ~としたトルクはATとの相性がいい。

ガソリンもなかなかいいのだがやっぱりディーゼルの魅力には適わない
ガソリンもなかなかいいのだがやっぱりディーゼルの魅力には適わない

 それに、なんつってもディーゼルの低燃費というか低燃料代の威力はすさまじい。どれくらいすさまじいかっつーと、軽油が安い分、プリウスと同じくらいすさまじい。まず低燃費で家族を説得できる。

【CX-3 XD】240万8400円

■シビックはあえてのハッチバックを選ぼう

 シビックといえばタイプRが大人気で、もちろん超エンスー車なわけですが、1.5ターボを積むハッチバックも十分にいいクルマだ。昔に比べるとサイズがメチャメチャでかくなってて、BMW3シリーズ並み、お値段も280万円で昔のシビックとは別格だが、こんだけデカいんだから高いのも仕方ない。その分室内は広いし。なにせ走りが、良くてエンスーも十分満足できる。

3ペダルもあるシビックハッチバックだがここは穏便にCVTで。イメージするほど悪くない!!
3ペダルもあるシビックハッチバックだがここは穏便にCVTで。イメージするほど悪くない!!

 家族の納得に関しても、4枚ドアの実用的なハッチバックなのでなんとかなるはず。燃費もいいしホンダセンシングもついてるし、条件は満たしている。ATがCVTなのが痛いところだが、ホンダのCVTは最近非常にデキがいいので、そこはオトーサンの譲歩でひとつよろしく。

【シビックハッチバック CVT】280万440円

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ