買いやすい輸入車もありまっせ!! 100万円台、200万円台で「買い」な輸入車ランキング

 輸入車といえば卓越した高速域での安定性などで国産車に負けず劣らず多くのファンがいる。しかし価格は全体的に高価だし、雑誌に載っている「オススメモデル」はどれも500万円オーバーのクルマばっかりじゃないか!! ということで、今回は100万円台、200万円台でオススメをきめてみました。座談会に登場したのはインディ500を走った僧侶の松田秀士氏、輸入車試乗で世界を飛ぶ渡辺敏史氏、さらにユーザー目線のクルマ選びが信条の岡本幸一郎氏です。各ジャーナリストの評価点付き!!

文:Boosterpackdepot編集部/写真:Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2018年2月10日号「アンダー500万円 輸入車ランキング」


■100万円台のチャンピオンはVWポロ(199万9000円)

 100万円台で買える輸入車もそこそこあるもの。そのなかでも今回ジャーナリストが採点したのは以下のとおり。それぞれの走りの好みなどを考えても、全体的にいいクルマが見えてくる。

100万円台の輸入車の採点表。やっぱりVWポロが強しか!?
100万円台の輸入車の採点表。やっぱりVWポロが強しか!?

【ルノートゥインゴを1位に推した理由(松田)】
 内外観の共通したお洒落なデザインが気持ちをハイにしてくれる。さらにリアエンジンのRRによるハンドリングがいにしえの911を思い出させるもの。後ろに重しが載りしっかりしていてサスペンションがしなやかに動く。それを操る楽しさがイイ! 

【ポロTSIトレンドラインを1位に推した理由(渡辺)】
 新型ポロの登場は目前。既に現行型は店舗在庫限りと聞くが、5ナンバーサイズということもあって引く手あまただそう。新型は居住性、快適性など格段の進化を遂げているものの、熟してエンジニアリングの密度が高まったがゆえのガチッ&モチッとしたフィーリングは捨てがたい魅力。

5ナンバーという絶対的な優位性を持っているポロ。もうすぐ来る新型は3ナンバーだから人気も大
5ナンバーという絶対的な優位性を持っているポロ。もうすぐ来る新型は3ナンバーだから人気も大

【ルノートゥインゴを1位に推した理由(岡本)】
 見た目もカワイイし、なによりRRならではのドライビング感覚が楽しい。最低限の実用性も備えている。ポロもよくできたクルマだけど、ワクワクするのは断然トゥインゴ。また100万円台ではほかなら廉価グレードしか選べないところトゥインゴなら最上級グレードが狙えるのがいい。

【フィアット500を最下位にした理由(松田)】
 カワイイし、日本の道路事情にピッタリのサイズ感なんだけど、いいとこ2名乗車が限界。荷物が多いと2名もキツイことあり。しかも、人から特殊な人に見られがち。ソレ狙いならいいんだけどね。

【VW up! が総合で最下位になった理由(岡本)】
 小さいわりに広くて、走りの素性も悪くないけど装備はショボいし、非力。ASGも当初よりだいぶよくなったとはいえ相変わらず乗るとガッカリすることが多くて……。

■200万円台のBセグの推しクルマはプジョー208(217万円〜)

 輸入車のコンパクトクラス(Bセグメント)が集う200万円台。この価格帯になると基本的には選び放題の感もあるのだが、逆に採点は難航しそうな予感。輸入車ビギナーがまず手に入れるのがこのセグメントだけに、輸入車のプロが選ぶ1台が気になる!!

こちらはプジョー208が優位と見せかけてまたもやVWポロが上位に。どんだけ完成度高いんだ!!
こちらはプジョー208が優位と見せかけてまたもやVWポロが上位に。どんだけ完成度高いんだ!!

【プジョー208を1位に推した理由(松田)】
 とっても小さなステアリングを持ち、上から目線でメーター類を眺める独特のドライビングポジションに新しさを感じる。そして、そのステアリングを動かすたびにフロントノーズが反応し、サスペンションが抵抗感なく動き始める。ストロークのあるサスペンションで、動きがスムーズだから乗り心地もよい。さらに後席荷室も余裕感あり。

プジョー208は1.2Lの3気筒ターボを装備するフレンチハッチだ
プジョー208は1.2Lの3気筒ターボを装備するフレンチハッチだ

【VWポロを1位に推した理由(渡辺)】
 100万円台の項でも触れたが、今や希少な5ナンバー寸の現行型はほぼ完売。それでも薦められる走りの密度の高さに加えて、新型は3ナンバー化を余さず居住性と積載力のために用いており、ファミリーカーとして充分通用する実用性が備わった。乗り心地や静粛性といった快適性項目もうんと底上げされており、Bセグのベンチマークとなることは確実かと思われる。

【ミニ3ドアを1位に推した理由(岡本)】
 このクラスで最もユニークでキャラが立っていて、運転して楽しく、ブランド力もあるのがMINIだと思っています。これまで多少は気になるところがあっても、それも”味”と思うようにしてきましたが、それが今のMINIは不満点がほぼ解消されて理想のMINIになった。これを高く評価しないわけにはいきません!

【ポロを5点上回りプジョー208が総合1位になった訳(松田)】
 ドイツで乗った新型ポロがもの凄くいい。全幅が1751mmとなって3ナンバーになったが、その点5ナンバーの現行モデルはとても評価できるもののいかんせん走りのレベルが現行と新型ではまるで違う。現行ポロはデビュー時から気になっていたのだが、ボディに走行中の路面からくる振動感があって少し安っぽいので208の1位は納得できる。

【A1スポーツバックに高得点を付けた理由(渡辺)】
 A1のベースとなっているのも現行型VWポロだが、それ譲りの走りの密度の高さに加えて、運動性能の高さもウリのひとつ。特に次世代のグループ主力ユニットである1L3気筒ターボを搭載するグレードの軽快なハンドリングと上質な乗り心地の融合ぶりはちょっと劇的ですらある。

【ルーテシアに高得点を付けた理由(岡本)】
 Bセグのなかで実用性、走り、デザインの三要素を最もバランスよく兼ね備えていて完成度も高いので。並みのCセグ車にも負けないほどのバリューの高さを感じさせます。なかでもユニークだけど奇抜過ぎず老若男女のどんな人でも絵になるこのデザインはすばらしい! 

安さも特徴のルーテシア。しかも3ペダルが選べるのはクルマ好きには嬉しい
安さも特徴のルーテシア。しかも3ペダルが選べるのはクルマ好きには嬉しい

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

www.chemtest.com.ua/teplovizori