日本車を越える日は来るのか!? 急成長する韓国、中国車の現在地

  • Tweet
  • シェア

 日本ではマイナーな存在ながら、韓国・中国車は世界的にみれば日本車のライバル。実際、韓国のヒュンダイグループは世界トップ5に入る販売台数をマークしている。特に韓国車は近年、日本車に劣らない性能になってきていると話すのは、世界カーオブザイヤー(WCOTY)の選考委員も務める自動車ジャーナリストの松田秀士氏だ。他の製造業を見渡すと、家電業界ではサムスンを筆頭に韓国メーカーの台頭著しい。「モノづくり大国ニッポン」、最後の砦とも言える日本車は、最新の韓国車・中国車に越えられてしまう日が来るのか?

文:松田秀士/写真:佐藤靖彦、Changan


ヒュンダイ製SUVはまだホンダやトヨタには及ばない?

ヒュンダイ コナ。サイズは全長が約4.1m、全幅1.8mとコンパクト。日本車ではC-HRに近い車格だ
ヒュンダイ コナ。サイズは全長が約4.1m、全幅1.8mとコンパクト。日本車ではC-HRに近い車格だ

 韓国車は北米でも非常に人気が高くポピュラー。なので、毎年ロスで開催されるWCOTYの合同試乗会では、必ず韓国車に乗るようにしている。北米でもメジャーな韓国車はヒュンダイ(現代自動車)とKIA(起亜自動車)だ。

 この2社は同じグループ会社で、KIAはヒュンダイ傘下。ヒュンダイは、2010年に日本市場から撤退(バス事業は継続)したので、17年間もの間、日本ではヒュンダイの新車には乗ることができない。KIAに至ってはもともと日本に進出していない。

 2016年にヒュンダイ ソナタというセダンに試乗し、その完成度の高さに驚きを隠せなかった。静粛性、ハンドリング、プリクラッシュなどの安全技術が、かなり高いレベルにあったからだ。しかも、価格が安い。

 だから、2017年の試乗会では、まず、発表前モデルのヒュンダイ コナというコンパクトSUVに試乗。コナは日産ジュークのライバル。試乗ステージとなる箱根のような山岳路では気持ちよく攻めることができた。

 サスペンションにはしなやかなロール感があり、スポーティではないが、かなり意のままのハンドリング。コネクティビティやヘッドアップディスプレーを備えるなど、いまどきのモデルとしては合格点。ただ、ホンダ ヴェゼルやトヨタ CH-Rを超えているというところまでには至っていない。

KIAのセダンは日本車を凌駕するほどの高性能

KIA スティンガー。全長×全幅×全高は4830×1870×1400mm。サイズは日産 スカイラインに近いが、日本車より欧州スポーツセダンを意識したキャラクターだ
KIA スティンガー。全長×全幅×全高は4830×1870×1400mm。サイズは日産 スカイラインに近いが、日本車より欧州スポーツセダンを意識したキャラクターだ

 ちょっと安心して、4ドアスポーツセダンのKIA スティンガーのステアリングを握った。KIAはヒュンダイのプラットフォームなどを供用しながら製造される廉価版モデル、というイメージ。しかし、パッと見のデザインは欧州車か? と思うほど。これがKIA? というほどカッコよく、ビックリ。インテリアはクッション性のある厚めのシートが今どき珍しい。

 が、走り出すとぜんぜんフワフワじゃない。しっかり身体を固定するかのようにサポート。つまり、包み込まれる感じなのだ。

 365psを発生する3.3L V6ツインターボの音はよく、ちょっと低めだけど爆発音が共鳴するレーシングサウンドに8速ATの組み合わせ。音だけでなく加速も鋭い。シフトも速い。

 ハンドリングは路面に吸い付くようなグリップ感。しかも、路面の凸凹は全てサスペンションで吸収。とにかく乗り心地がよく、ハンドリングも思い通りのラインに乗せられる。

 KIA スティンガー、これはもう日本車を完全に打ち負かしている。しかも5万ドル前後(500~600万円)という内容からは相当なバーゲン価格。試乗車はFRだったが4WDもあるそうだ。

中国車は日本車を脅かすか

長安汽車のCS15。全長×全幅×全高は4100×1740×1630mmと日本でも扱いやすいサイズ感
長安汽車のCS15。全長×全幅×全高は4100×1740×1630mmと日本でも扱いやすいサイズ感

 では、中国車はどうなのか? 2017年11月開催の広州モータショーを見学し、その足でとあるサーキットに行き、中国車のSUV3台、ミニバン1台に試乗した。

 このSUV3台の中にはEVが1台。興味は今やEV先進国となった中国製EVの長安CS15V。ただし、このモデルは日産 リーフのようなEV専用車ではなくCS15というガソリンモデルをEV化したもの。日本でもジャストサイズだ。

 フル充電で350kmの航続距離は、伊達ではなさそうで実用性は高そう。ただし、パワーは大したことないし、ブレーキ協調回生はしていない。そのあたりの技術力はまだ日本が上。しかし、ボディ剛性がありサスペンションはとてもスムーズに動く。中国は道路が悪いからこれは重要だ。

 他2台のSUV、WEYとボルグヴァルトはミドルサイズのSUV。こちらはターボエンジンのレスポンスも良く直線番長的SUV。ボディやサスペンションも腰があり、かなり(車として)進んでいる。ただし、ハンドリングは鈍重さが目立つので、相対的に日本車にはまだ追いついていない印象だ。

韓国車急成長の背景に欧州メーカーの「人材」

韓国車メーカーではBMWなどから来た優秀な人材が腕をふるう
韓国車メーカーではBMWなどから来た優秀な人材が腕をふるう

 では、何故このように日本車を脅かすようなモデルに特に韓国車は急成長しているのだろうか? それは、ヘッドハンティング。つまり、欧州の自動車メーカーから技術者が移籍していることが大きい。

 もちろんそれだけではなく、製造設備を含めた自動車メーカーとしての技術レベルが急成長していることもある。特にKIA スティンガーは価格も安く、日本車にとっては脅威だ。

 今のところスポーツセダンというジャンルだが、今後SUVでも同様の急成長する可能性は否定できません。中国車も、同様に価格勝負ができる可能性があり、中国国内だけでなく世界販売で成長する可能性を秘めている。

  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ

www.xn--e1agzba9f.com

http://np.com.ua