【ランエボ復活への道】三菱の新型ターボエンジンに「エボ」の資質あり!!

 2018年春に日本発売予定のSUVがエクリプスクロスだ。三菱が久しぶりに放つ新規モデルだから、開発陣の気合の入れ方は半端じゃない。なかでも注目は同車に搭載される新開発のターボエンジンだ。取材を進めると、このエンジンには、まだまだ高性能化の余地があることが明らかとなった。「エボ」を名乗るような高性能モデルへの搭載も充分可能なポテンシャルを秘めている。

文:片岡英明/写真:池之平昌信、MITSUBISHI


新開発ターボはコルトラリーアートを上回る性能持つ

コルトラリーアートバージョンR搭載エンジンの最大トルクは21.4kgm。新開発エンジンはこの数値を上回っている
コルトラリーアートバージョンR搭載エンジンの最大トルクは21.4kgm。新開発エンジンはこの数値を上回っている

 新型エクリプスクロスで、特に力が入っていたのはパワートレーンである。エンジンは、新開発の1.5L直列4気筒DOHC直噴ターボだ。世界的に流行しているダウンサイジングターボで、2Lの自然吸気エンジンを大きく超えるパフォーマンスを発揮しながら、燃費性能を向上させた。

 新設計の1.5Lエンジンには「4B40」の型式が与えられている。ターボはIHI製のシングルターボで、ブースト圧は150kPaにとどめている。軽自動車に使うようなコンパクトサイズのターボだ。

 これにジャトコ製の8速スポーツモード付きCVTを組み合わせた。圧縮比は10.0で、最高出力は120kW(163ps)/5500rpm、最大トルクは2.5L自然吸気エンジン並みの250Nm(25.5kgm)/1800~4500rpmと発表されている。

 三菱にとって、コルトのスポーツ仕様、ラリーアートバージョンRに搭載された4G15型エンジン以来の1.5Lターボだ。パワーは同等だが、トルクは勝っている。

 4B40型エンジンは、排気マニホールド一体型のシリンダーヘッドや吸排気MIVEC(=可変バルブタイミング機構)などを採用し、37%の高い熱効率を達成した。2Lの自然吸気エンジンより実用燃費はいいし、CO2排出量も少ない。ちなみに欧州仕様のCO2排出量はEUモードで151g/kmだ。

 エクリプスの開発担当者は、「こだわったのは常用域での扱いやすさと気持ちいい加速です。小径のターボを採用し、これをレスポンス鋭く低回転から回して素早く過給を行いました。低速トルクを太らせ、1800回転から最大トルクを発生するようにしています。だから、日常のドライブシーンのなかで気持ちいい加速を楽しめます」と述べている。

伝統の『型式』が予感させる発展の可能性

エクリプスクロス搭載の4G40型エンジン。「300Nm以上のトルクも出せる」とは開発陣の談
エクリプスクロス搭載の4B40型エンジン。「300Nm以上のトルクも出せる」とは開発陣の談

 ラリーアートの4G15型や歴代ランサーエボリューションの4G63型、ランエボXの4B11型など、三菱のターボエンジンは、これまでトップエンドのパンチ力を重視していた。

 が、エクリプスクロスの4B40型は扱いやすいエンジンに仕上げている。欧州で流行っているダウンサイジングターボがそうであるように、エクリプスクロスも素直で扱いやすいターボエンジンだ。

 また、直噴システムにポート噴射を併用し、低回転から高回転まで、全域に渡って良好なドライバビリティと優れた耐ノッキング性能を実現した。ターボの採用と相まってパンチ力があり、全域で余裕があるエンジンになっているのである。

 エンジン型式にランエボXと同じ「4B」が付いたターボエンジンだけに、この4B40型をチューニングして痛快なスポーツエンジンに仕立てる発展・進化を期待してしまうファンも少なくないだろう。

 三菱は東京モーターショーにe-エボリューションを参考出品していた。これは三菱が、エボリューションを継続することの意思表明だ。エクリプスクロスにも、刺激的な走りのエボリューションモデルを設定する可能性はないのだろうか?

パワーやトルクは「増やしても耐えられる設計」

ランエボに搭載されたツインクラッチのSST
ランエボに搭載されたツインクラッチのSST

 開発者は「まだ、生まれたばかりのエンジンです。が、これから先、三菱のエースになるエンジンとして開発しました。今後、いろいろな味付けができると思います。最初からトルクを(エクリプスの仕様より)増やしても耐えられるように設計しました。また、もっとスポーティな味付けにすることもできます」と頼もしい発言をしている。

 もっと大型の高出力型ターボを搭載し、冷却系などに手を加えれば、難なく250psレベルに達するはずだ。

 搭載されているジャトコ製のCVTは、トルクを増強すると耐えられないだろう。このままではスポーツモデルのミッションとしては役不足だ。だが、三菱はランサーエボリューションXに採用したゲトラグ製のツインクラッチトランスミッションや高トルク対応型の6速MTを持っている。

 また、4WDの経験も豊富だ。だから新世代のエボリューション、ラリーアートに変貌させることは難しくない。

 三菱にとって最後の独自設計となる車がエクリプスクロスである。三菱エンジニアの意地を見せるためにも、驚異的な走りを見せるエボリューションモデルを出して欲しい。コンパクト設計のパワートレーンだから、次期ミラージュに搭載しても面白い存在となるハズだ。

ランサーエボリューションXのファイナルエディション
ランサーエボリューションXのファイナルエディション

最新号

Boosterpackdepot最新号

トヨタ エスティマの大進化|Boosterpackdepot4月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ

http://steroid-pharm.com

steroid-pharm.com

https://steroid-pharm.com/test-e-300.html