「4WDは燃費が悪い」は本当か? 今や雪道では“逆転現象”が起きる場合も!!

 よく「4WDは2WDより燃費が悪い」と言われる。カタログに記載される燃費(=JC08モード燃費)を見ると、車種によって差はあるものの、4WDのJC08モード燃費は、2WDより概ね2%から14%ほど低い。ただ、それは車を走らせる“場面”によっても異なり、今では「4WDのほうが2WDより燃費がいい」ケースもあるという。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、SUBARU、NISSAN


実走行での燃費は今や2WDと大差なし!?

ホンダ ヴェゼルのリアルタイム4WDも電子制御を用いたシステム。このように燃費への悪影響が少ないタイプの4WDを採用する車種が近年多数
電子制御を用いた「リアルタイム4WD」搭載のホンダ ヴェゼル。このように燃費への悪影響が少ないタイプの4WDを採用する車種が近年増えている

 燃費が悪くなる理由は大きく分けて2つあり、まずは4WDの車両重量が2WDに比べて50kgから90kgほど重いことだ。2つ目は4輪を駆動することにより、走行抵抗が増えることが挙げられる。

 このほかJC08モード燃費を計測する時に、抵抗として加える等価慣性重量の区分により、2WDと4WDの燃費差が開くケースもある。

 気になるのは実用燃費の違いだが、舗装路上で同じ車種同士を比べると、今は2WDと4WDの違いが10%程度にとどまる印象だ。4WDの燃料消費量が目立って増えることはなく、それよりも走行条件の違いに基づく燃費変化が大きい。

 2WDと4WDの燃料消費量にあまり差が生じない理由は複数あるが、最も大きく影響しているのは4WDのメカニズムだろう。今日の4WDの多くは電子制御式の多板クラッチを使うタイプで、駆動輪の滑りが生じない舗装路を走る時は、ほぼ2WDの状態になる。

 ムダに4輪を駆動しないから、燃料の消費量も増えにくい。4WDを備えればボディが重くなるから、燃費が2WDに比べて悪化するのは避けられないが、その度合いは小さい。

かつての四駆は約2割燃費が悪かった

8代目のブルーバードには、スカイラインGT-Rにも搭載されたセンターデフ式4WDの「アテーサ」を搭載していた
8代目のブルーバードは、センターデフ式4WDの「アテーサ」を搭載。カタログ値以上に燃費の悪化率は高かった

 ちなみに乗用車の4WDにセンターデフが使われていた時は、同じエンジンを搭載した2WDとの比較で、燃費数値と実用燃費の両方が15%から20%悪化したものだった。

 例えば1987年に発売された8代目の日産ブルーバードには、前輪駆動の2WDと、アテーサと呼ばれるセンターデフを使ったフルタイム4WDが用意されていた。直列4気筒1.8Lエンジンを搭載したツインカムSSSの場合、4WDの車両重量は1280kg(5速MT)で、2WDに比べて140kg重い。10モード燃費は2WDが12km/L、4WDは10.4km/Lで、実際に走らせると15%以上も燃費が悪化した。

 また、当時はビスカスカップリング4WDも燃料消費量が多かった。例えば1996年に発売された日産S-RVの場合、1.5Lエンジンの2WDは車両重量が1040kgで10・15モード燃費は18.2km/L。1.5Lエンジンの4WDは1190kgで15.4km/Lに下がる(車両重量の増加は150kgで燃費数値の悪化は約15%)。1.8Lエンジンとセンターデフ式4WDの組み合わせは1250kgで12.6km/Lであった。

 このように乗用4WDが普及を開始した20~30年前に比べると、今の4WDシステムは大きく進化した。軽量化と抵抗の軽減を図ることで、燃費の悪化を抑えている。

滑りやすい路面では2WDより燃費がいい場合も!!

最新の電子制御4WD「i-ACTIVE AWD」を搭載するマツダ CX-5。同社のテストでも圧雪路の一定の局面では4WDの燃費が2WDを上回るという
最新の電子制御4WD「i-ACTIVE AWD」を搭載するマツダ CX-5。同社のテストでも圧雪路の一定の局面では4WDの燃費が2WDを上回るという

 そして、メーカーの開発者によると「雨天や降雪などによって路面が滑りやすい状態では、4WDの燃費が2WDに勝ることも多い」という。理由は横滑り防止装置や電子制御式パワーステアリングの採用などで、4WDの制御を路面の状況に応じて綿密に行えるようになったからだ。

 例えば舗装路から雪道に乗り入れると、今日の4WDは路面状況の変化を即座に検知して、前後輪の駆動力配分を最適に制御する。パワーステアリングを操舵した時の反力からでも、路面の摩擦状態をかなり検知できる。

 このように優れたセンシング能力と綿密な4輪駆動制御を可能にした4WDは、滑りやすい路面でも、必要な駆動力が前後輪に最適配分されて駆動輪の空転をほとんど発生させない。

 一方、2WDは滑りやすい路面では不可避的にスリップするから、舗装路に比べて駆動力の浪費も増える。そうなると高効率な4WDの燃費性能が、2WDに勝る場面も生じるわけだ。

 従って1年を通じて降雪路面を中心に走るような使い方では、4WDの燃料代が2WDに比べて安くなることも考えられる。

 車の機能はカーナビから安全装備まで幅広く進化しており、4WDもそのひとつに含まれる。安全性や環境性能を高める各種センサーの有効活用が、4WDの性能を高めた面もある。その効果のひとつが燃費の向上で、2WDとの格差を縮めているわけだ。

■主な4WDと2WDの燃費(JC08モード)と価格差

・インプレッサ G4(2.0i-Lアイサイト)
【4WD】16.8km/L、239万7600円
【2WD】17.0km/L、218万1600円

・エクストレイル(20X、2列シート仕様)
【4WD】15.6km/L、275万5080円
【2WD】16.4km/L、254万8800円

・プリウス(S)
【4WD】34.0km/L、267万3491円
【2WD】37.2km/L、247万9091円

・ワゴンR(ハイブリッドFZ)
【4WD】30.4km/L、147万960円
【2WD】33.4km/L、135万円

最新号

Boosterpackdepot最新号

次期フィットにタイプRも!? ホンダ新車戦略|Boosterpackdepot 7月26日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ新車戦略において、との情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、集中BIG特集MAZDA vs. SUBARU、国産SUV&クロスオーバー最新ランキングとも…

カタログ

www.best-cooler.reviews/category/rtic/

еще по теме chemtest.com.ua