フランクフルトショーでベンツの本気を見た!! ベンツの電動化はまちがいなく加速していく

  • Tweet
  • シェア

 昨今の自動車業界の大きなテーマとして「電動化」がある。とにもかくにも電動化。そんなヨーロッパの勢いは凄まじいものがあるが、そこには環境性能のほかにも経済的な意味もあると西村直人氏はいう。同氏がフランクフルトショーで見たメルセデスの展示についてレポートします。EV専門ブランドの立ち上げなどEVに積極的なメルセデスは、今後いったいどのようなクルマを生み出すのか? 

文:西村直人/写真:メルセデス・ベンツ
Boosterpackdepot2017年11月10日号「メルセデスの電動化に阿鼻叫喚」


 ■将来のシェア確保のための電動化!?

 クルマ社会に電動化の波が急速に押し寄せているのだろうか? IAA2017フランクフルトモーターショーで取材を行ったが、確かに欧州自動車メーカーからはピュアEVを筆頭に電動パワートレーンを搭載したコンセプトカーが数多く出展され、その意味では波を実感できた。しかし、単に電動化ありきで、すべてのことが運んでいるだけではなかった。ズバリ、今回の電動化、将来に向けて販売台数を死守したいとする自動車メーカー各社の思惑が強いのでないか、こうした持論を持った。

 つまり、電動化の波に乗り将来に渡るシェア確保(=販売台数確保)へとつなげたい、そんな目論見が垣間見えたのだ。この先、先進国における車両販売台数の鈍化が見込まれるなか、新興国におけるシェア確保をという姿勢を欧州のプレミアムブランドも採らざるを得ない。また、電動化車両のうち、とりわけピュアEVは内燃機関車両と比べて部品点数が少ないことからメーカー各社はそこに利益率の向上という理想も描く。

 しかし確固たる電動化の実現には、HVやPHVなどに代表される内燃機関との共存を第一に考えながら48Vから高電圧に至るバッテリーの安定供給を確保しなければならず、同時にモーターや回生ブレーキのさらなる技術昇華も必須だ。またピュアEVにしても充電率の低下から駆動用として役割を終えたバッテリーの二次活用策にもこれまで以上に注力する必要がある。加えて、販売各国の電力事情や充電環境にも大きく左右される。新興国であればなおさらだ。

 そのため、いきなり市販車に近いピュアEVがたくさん示されたとしても、結果的に車両価格が高めに設定されてしまっては一部の富裕層を除き、すんなりとユーザーには受け入れられない。言い換えれば、優れた電動化技術だけでは理想郷にほど遠く、それを活用し安価に普及させるための将来像をセットで示さなければシェアの確保どころか、すべては絵に描いた餅になってしまうことが今回のIAAで明らかになったように思う。 

東京モーターショーでも大々的にプレスブリーフィングをおこなったメルセデス。ビジョンEQフォーツーにはステアリングホイールすらない
東京モーターショーでも大々的にプレスブリーフィングをおこなったメルセデス。ビジョンEQフォーツーにはステアリングホイールすらない

■メルセデスが立ち上げたEVブランド「EQ」とは?

  そうした背景を踏まえ、ダイムラーは’16年のパリモーターショーで「CASE」を表明、同時に電動化ブランドである「EQ」(HV、PHV、ピュアEVなどを示す新ブランド)も発表した。ここでのCASEとは、Connected(ネット社会とつながる)/Autonomous(自律自動運転技術)/Shared(カーシェアリングなどでの共有化)/Electric(電動化)の4つの柱を表わした言葉だ。

 このうち、「E」の電動化では「EQ」ブランドとして2022年までにすべてのメルセデスベンツが販売する全モデルに対して電動パワートレーンを導入(総数は10車種50モデル以上)するとした。そして、この流れを受けた今年のフランクフルトモーターショーでは、EQブランドのコンセプトカーとして「Smart vision EQ fortwo」が発表されたのだ。これは個人ユーザー向けの販売を想定していない。「S」のカーシェアリング用として開発が進められるコンセプトモデルだ。また、「A」の自律自動運転技術も搭載していて、’15年に発表された自動運転技術を搭載したコンセプトカー「F015 Luxury in Motion concept」をベース(F015は自動化レベル4想定)に、さらに段階を進めた自動化レベル5(完全自動運転技術)を搭載する。

 自動化レベル5を踏まえたカーシェアリング車両なのでステアリングはなく2人乗り。「C」のネット社会とつながる機能を活用した公共交通機関のような相乗りライドシェアも考慮されていて、その際はシート間にアームレストが立ち上がりパーソナルスペースを確保する。また、V2V(車々間通信)だけでなく、ボディの大部分に液晶画面を採り入れ自車周囲の歩行者たちともコミュニケーション(V2P)を図るなどF015で披露された技術も搭載される。

 最後に、一連のダイムラーの動きをこう読んだ。電動化/内燃機関/燃料電池の3本柱を将来有望なパワートレーンとして捉えていることを今回のIAAで発表したうえでCASEという大枠とEQという具体案を提示した裏には、将来のモビリティ社会像をライバル各社に先駆け次の若い世代へ完成されたメッセージとして送ること。つまり〝ワクワクさせること〟が第一の目的として存在し、さらにそのワクワクを通じてダイムラー・ファンの心を捉え続けようと試みる第二の目的までもが仕込まれているのではないか……。

 だとすれば、これこそディーターツェッチェ博士ならではの高等戦略だ。効果・効率だけを謳った乗り物はダメになる。やはりそこには夢が必要であることを痛感した取材となった。

コンセプトEQAの二次電池は60kWh以上のリチウムイオンバッテリーで、航続距離は400kmになる
コンセプトEQAの二次電池は60kWh以上のリチウムイオンバッテリーで、航続距離は400kmになる
  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ

охрана офисов

автоматический полив

massagerxla.com