三菱ランサーエボリューションがクルマ界に果たした役割と意義

 現在開幕中の第45回東京モーターショー2017、三菱ブースにおいて、コンセプトカーの「e-EVOLUTION CONCEPT」が披露された。かつて三菱が販売していたランサーエボリューションシリーズを彷彿とさせるネーミングで、コンセプトカーに「エボ」という車名が冠するだけで、ハッとするファンは多いだろう。e-EVOLUTION CONCEPTは小型の高出力モーターを前輪に1機、後輪に2機搭載する、高性能な電気自動車のSUVモデルだ。
 もちろんe-EVOLUTION CONCEPTの市販化には大いに期待したいところだが、やはりそれでも「エボ」という車名に胸の奥が暖かくなるファンと、その名が持つ特別な意味をご存じない若い読者のために、かつてのランサーエボリューションが、三菱に、そして日本のクルマ界に果たした役割について改めて振り返りたい。
文:渡辺陽一郎


■手頃な価格とサイズで世界最高の性能を味わえた

 初代ランサーエボリューションは、4代目ランサーをベースに開発を進めて1992年に発売された。この時点でエンジンは直列4気筒2Lターボ、駆動方式はフルタイム4WDを搭載しており、最終型に至る基本メカニズムを確立させている。

 この後、フルモデルチェンジと細かな改良を繰り返しながら、2016年まで24年間にわたりラインナップを続けた。

初代ランサーエボリューションのGSR
初代ランサーエボリューションのGSR

 ランサーエボリューションが三菱と日本のクルマ界に果たした役割は数多くあるが、最も注目されることは「運転の楽しいクルマを常に提供してきたこと」だ。ベース車がランサー(日本では「ランサーセディア」や「ギャランフォルティス」とも名乗った)だから、全長は4300〜4500mm前後に収まり、日本の狭く曲がりくねった峠道でも運転がしやすい。

 価格は初代モデルのGSRが273万8000円。この後も売れ筋のGTやGSRは330〜360万円で推移した。2015年に発売された充実装備のファイナルエディションは429万8400円と高価だったが、同程度の性能を備えた欧州製のセダンなら価格が2倍以上に達する。そこを考えれば割安なスポーツモデルであった。

歴代のランエボはそれぞれの時代において最先端技術を詰め込まれてきた
歴代のランエボはそれぞれの時代において最先端技術を詰め込まれてきた

■それぞれの時代においてリードしていた存在

 そしてランサーエボリューションの走行安定性を高める四輪制御技術は、三菱車全体の走りを高める役割も果たした。

 特に三菱は1982年に発売された初代パジェロを出発点として、4WDを備えたSUVを数多く手掛けている。従ってランサーエボリューションの技術をほかの商品にも反映させやすかった。最終型のランサーエボリューションXが搭載したS-AWCはアウトランダーにも使われ、切れのいい機敏に曲がる操舵感と優れた安定性を両立させている(この四輪駆動力制御技術は特にアウトランダーPHEVに色濃く引き継がれている)。

 三菱車のハンドリングに関するセッティングも、それぞれの時代において、ランサーエボリューションがリードしていた。

 例えば1992年に発売された初代ランサーエボリューションでは走行安定性が重視され、峠道では旋回軌跡が拡大するアンダーステア傾向が強い代わりに、後輪の接地性が高かった。この走りは当時の三菱車の多くに当てはまる。

 それが1998年発売のランサーエボリューションVになると「曲がりにくい」という批判に応えて、車両の向きを変えやすい設定にした。後輪の接地性が相対的に下がったが、スポーツ性は向上している。

ランエボ4〜6でさらに「走り」が大幅に進化(写真はエボ4)
ランエボ4〜6でさらに「走り」が大幅に進化(写真はエボ6)

 このセッティングも、ほかの三菱車に波及した。ランサーセディアは、2000年の発売時点では後輪の接地性が高い代わりに操舵感が鈍めで、旋回軌跡を拡大させやすかった。しかし2003年のマイナーチェンジ(車名からセディアが取れてランサーになった)では、よく曲がるセッティングに一変している。後輪の接地性が下がって車両全体のバランスは少し悪化したが、機敏に走る印象に変わった。

■三菱全体のハンドリングを牽引

 同様の運転感覚は、コルト(2002年発売)、初代アウトランダー(2005年)、さらに2代目eKワゴン&スポーツ(2006年)にも当てはまり、ランサーエボリューションが三菱車の走りを牽引している。

 後年、当時の三菱車のハンドリングと走行安定性が大きく変わった理由を実験担当者に尋ねると、次のような返答であった。

「当時の三菱は(2000年に発覚した)リコール隠しの問題などで売れ行きを下げ、リバイバルに取り組んでいた。そこで運転の楽しいスポーツ性の優れたクルマ作りをテーマに掲げ、ランサーエボリューションを一種のベンチマークとした。その結果、当時の三菱車すべてがよく曲がるハンドリングを追求した面があった。このほか岡崎のテストコース(岡崎工場に併設されたハンドリング路)が、よく曲がるセッティングに合っていたことも影響した」とのことであった。

テストコースでもサーキットでもダートでも、万能で早かったランエボ
テストコースでもサーキットでもダートでも、万能で早かったランエボ

 ちなみに今の三菱車の運転感覚は、後輪の接地性を十分に確保した上で、自然によく曲がるバランスのいい方向に変わっている。これは安全性と運転の楽しさを両立させる今日の世界的な潮流だが、そこに至る過程では、ランサーエボリューションが三菱車のハンドリングをリードしていたわけだ。

■よきライバルであり続けたスバルWRX STI

 そしてランサーエボリューションは、日本のクルマ界全体にもいい影響を与えた。スポーツモデルのライバル車として、常にランサーエボリューションが引き合いに出され、走りの技術進歩をうながしたからだ。

 特にスバルインプレッサWRXとランサーエボリューションは、よきライバル同士であり続けた。初代インプレッサは、初代ランサーエボリューションと同じ1992年に発売され、この時点で水平対向4気筒2Lターボにセンターデフ式4WDを組み合わせるWRXとWRXタイプRAを設lけている。後者はモータースポーツのベース車両として開発され、パワーウインドーや集中ドアロックを省く一方、インタークーラー・ウォータースプレイなどを備えた。

日本自動車界が生んだ「項羽と劉邦」
日本自動車界が生んだ「項羽と劉邦」ともいうべき、ランエボとインプ

 発売時点のインプレッサWRXは、ランサーエボリューションとは対称的で、軽快によく曲がる代わりに後輪の落ち着きが乏しかった。しかし改良を重ねながら安定性を高め、両車ともに競い合いながら走行性能を向上させる間柄になった。

 インプレッサWRXのメカニズムは比較的オーソドックスだが、ランサーエンボリューションは1996年に発売されたIVでAYCを採用して、カーブを曲がる時には外側に位置する後輪の駆動力配分を高める設定にした。車両の向きを積極的に内側へ向けることが可能で、ランサーエボリューションはハイテクの使用に特徴があった。

■世界ラリー選手権での華々しい活躍

 またランサーエボリューションは欧州などの海外でも販売され、知名度を高めることも視野に入れてモータースポーツに参戦してきた。1995年にはアジア・パシフィックラリーでドライバーとマニュファクチャラーの2部門でタイトルを獲得。1996年には2年連続してスウェデッシュラリーで優勝した。

 ドライバーのトミ・マキネンは、1996年から1999年まで、世界ラリー選手権でドライバーズタイトルを獲得している。1999年にはランサーエボリューションVが、モンテカルロラリーにおいて5年連続優勝した。

世界ラリー選手権(WRC)で無敵の快進撃を続けたランエボ
世界ラリー選手権(WRC)で無敵の快進撃を続けたランエボ

  このようにランサーエボリューションはラリーの世界でも活躍しており、そこで得たノウハウを市販車に取り入れ、走行性能を高めるスポーツモデル特有の好循環を成立させた。これらの技術が三菱車全体の走行性能を押し上げ、ランサーエボリューションは、いわば当時の三菱にとって走行技術の源であった。

■イメージリーダーとして果たした役割、そして復活への期待

 同時に販売面で果たした役割も大きい。

 三菱のディーラーからは「三菱がどのような状況になっても、ランサーエボリューションのお客様は、必ず定期的に代替えしてくださった。デリカD:5と同様、三菱の国内販売を支える大切な車種で、イメージリーダーの役割も担った。ランサーエボリューションの廃止は、いろいろな意味でマイナスになっているから、今後の復活を望みたい」という声が聞かれる。

 コンセプトカーの「e-EVOLUTION CONCEPT」に対する期待も大きいが、それよりも早くランサーエボリューションの後継車種を発売して欲しい。

 電気自動車のスポーツモデルは開発に時間を要するから、ハイブリッド車でもいいだろう。運転の楽しいスポーツモデルは、自動車メーカーにとって欠かせない商品で、ラインナップを絶やさないことが求められる。

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ

cosplay props

designedby3d.com/product-category/overwatch/d-va/

baden-medservice.ru