【永久保存版】都営バス 全形式アルバム 発売!!

■圧倒的な写真点数! 都営バスの歴代車両がわかる大図鑑!

 数ある事業者の中でも、保有するバスの種類・台数ともに圧倒的な規模を誇るのが都営バス。本書では、その車両の歴史を、貴重な写真とともにたどる。黎明期の1920年代から、2017年度の最新車両まで、豊富な写真とマニアックなディテール解説でお届けする!

バスマガジンムック『永久保存版 都営バス 全形式アルバム』 定価:本体2000円(税別) A4判 128ページ ISBN 978-4-06-513798-7 2018年11月28日 発売

■局番(形式)でたどる50年の歴史

 都営バスの局番(例:K-C281など)が現在のような形式になったのは、1966年のこと。この局番の後半最初の文字(先の例では「C」)は、導入年を表すアルファベットであり、数字とまぎらわしい「I、J、O、Q、U」を除く21文字が順に割り振られた。

 2014年度が3巡目のZとなり、現在は4巡目のC代へと突入している。このように4世代(4巡目)という長い歴史を積み重ねてきた都営バスの車両たち。本書では、これらのバスたちを、局番(年度)ごとに全形式を網羅していく。約50年分の貴重な取材フォトを大公開! まさに都バスファンのためのバイブルとなる1冊。

巻頭グラフィックでは、「昭和〜平成を駆け抜けたバスたち 都営バスのいまと昔」で、東京の風景と都バスの移り変わりを紹介

2015年度の4巡目A代からは、最新車両として、詳細な写真付きで全形式を紹介! 注目のトヨタ燃料電池車やATが標準となった新型エルガなどを網羅

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ