新型デリカ12月登場! 国産8メーカー 独占情報 新車スクープ ベストカー3月26日号 

 ベストカー最新号(3/26号)が、2月26日に発売した。今回の巻頭グラビアページでは、「ベストカーだけが知るスクープ情報36+5」と題し、スクープ班が総力をあげて独自入手した国産8社のスクープ情報を展開。三菱の新型デリカが今年12月に登場することも明らかとなった。

文:ベストカーWeb編集部


意外な車の意外なビッグスクープ独占情報!!

 意外な車の意外なビッグスクープが、スクープ班の調査により舞い込んできた。巻頭グラビアでは、計6車種のスクープ情報を捕捉。

 2018年にいよいよ2代目にフルモデルチェンジするスバル レヴォーグは新たなダウンサイジングターボエンジンを搭載しての登場が濃厚だ。

 さらに、日本では2016年に一旦生産終了となりながらも、海外では発売が続くC-HRの兄貴分、トヨタ RAV4の日本導入についても新情報を入手。本誌では、日本復活モデルとなる5代目の予想グラフィックも掲載している。

 このほか、三菱待望のフルモデルチェンジとなる新型デリカD:5、そしてこちらも復活となるカローラの5ドアハッチバックモデルについても、新型オーリスと関連した衝撃の新情報を掲載している。

特集『日欧コンパクトハッチバック対決』

日欧BセグスポーツのスイフトスポーツとトゥインゴGT
日欧BセグスポーツのスイフトスポーツとトゥインゴGT

 SUVがトレンド化し、セダンの人気が落ちるなか、実用性に加えてスポーツ性能の高いモデルまでラインアップするのが、コンパクトハッチバック。欧州でBセグメントと呼ばれるクラス(VWポロなど)には、国産でもデミオ、スイフトなどの実力派からノートe-POWER、フィット、アクアとさまざまな魅力を持つモデルが多い。

 さらにVWゴルフを中心としたCセグクラスも、実力高いインプレッサやアクセラ、シビックも登場するなど国産も出揃ってきた。BセグとCセグ、それぞれ国産・輸入車どちらがよいのかを、車種別に徹底ガイドしている。

『2020年 クルマ界はこうなる』ほか注目企画展開

 このほか、約2年後に迫った2020年、五輪イヤーのクルマ界を展望する「2020年 東京五輪の夏 クルマ界はこうなっている」では、気になる電動化や自動運転の実現度も予測。

 また、R34型スカイラインGT-RやインテグラタイプRなど2000年代前半の魅力グルマを特集した「ネオクラシック、今なら買える!!」など、読み応えのある独自企画を豊富に展開している。

ベストカー 2018年3月26日号 目次
ベストカー 2018年3月26日号 目次

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ